軽自動車 査定

走行距離を意識して軽自動車査定を申し込もう

軽自動車,査定,買取,相場,売却,高額

 

走行距離を意識する

 

軽自動車は普通自動車と比べればそれほど長距離を走行するイメージがありません。
そのため、走行距離を稼がないまま査定を受けて売却することになる可能性も大きいです。
実は自動車査定では走行距離が少ないことは評価ポイントとなります。

 

 

 

実際にどこの軽自動車相場を見ても走行距離の少なさに比例して
金額が上昇していることがわかります。もし軽自動車を査定に出すことがあれば、
必ずこのあたりの事情を意識してみてください。

 

 

 

なぜ走行距離が少ないと査定評価が高くなるかというと、
自動車の劣化が少ないことが予想されるからです。

 

軽自動車,査定,買取,相場,売却,高額

 

どのようなものでも使えば使うほど品質が劣化していくもので、
それはもちろん自動車においても言えることです。

 

 

 

走行距離は1年で1万km程度のペースが標準とされており、
1年でそれ以上の走行距離を稼いだとなると、査定で不利になる可能性があります。

 

 

 

もちろん走行距離が少なかったとしても、
それ以外のことが原因で自動車が劣化していればそのぶん査定額は落ちるはずです。

 

走行距離が少ないと高額査定になりやすい

 

私は軽自動車を愛用しています。
この間乗り換えのために古い軽自動車を査定に出したのですが、
古いわりに高額がついて驚きました。

 

 

 

なぜ高額だったか…それは走行距離が少なかったからです。
普段短距離しか走っていなかったので、1年に1万km以下のペースだったのです。

 

 

 

新たに購入した軽自動車も大した走行距離にはならないはずなので、
また査定を受ける時にどれくらいの額になるか期待したいです。

 

 

 

>>>年式は新しければ新しいほど査定で有利になる