軽自動車 査定

フルモデルチェンジが起こると査定相場が一気に変わる

軽自動車,査定,買取,相場,売却,高額

 

フルモデルチェンジと査定相場の関係

 

普通自動車と同様、軽自動車も定期的にモデルチェンジが行われています。
モデルチェンジには「マイナーモデルチェンジ」、「フルモデルチェンジ」の2種類があり、

 

 

 

「マイナーモデルチェンジ」は従来のモデルの一部を改良すること、
「フルモデルチェンジ」は従来のモデルの大部分を改良することを意味します。

 

 

 

「フルモデルチェンジ」の方が規模が大きいぶんそれほど頻繁に行われることがありませんが、
いざ行われるとなると、中古車相場への影響は無視できません。

 

軽自動車,査定,買取,相場,売却,高額

 

「フルモデルチェンジ」を行うと初代の場合は2代目へ、
2代目の場合は3代目へという具合に代が移ります。

 

 

 

次の代に移るまでに5年以上を費やすことも珍しくなく、
たった1回の「フルモデルチェンジ」によってサイズやデザイン、
機能、性能などがまったく別物になることがあります。

 

フルモデルチェンジで相場は下がる

 

一般的に代が移ると旧モデルの中古車相場は一気に下落します。
相場が下落しにくい軽自動車といえど、「フルモデルチェンジ」の発表には注意した方がいいでしょう。

 

 

 

私は軽自動車の中でも特に人気の車種を好んで選んでいます。
しかし、人気の車種となるとモデルチェンジが活発に行われるもので、
「フルモデルチェンジ」も2、3回行われることが珍しくありません。

 

 

 

そこで私は「フルモデルチェンジ」の発表前に軽自動車を査定に出すことを意識しています。
代が移るまではモデルの相場は比較的安定しているので、店側が買取に積極的になり、
査定額もそれなりの高さになります。

 

 

 

>>>強い勧誘にも負けずに本当に売りたいショップで売れました